投資顧問と契約するメリット・デメリット

投資顧問契約を結ぶメリット

投資顧問契約を結ぶ際のメリットについて書いていこうと思います。

投資対象に対する分析の時間が節約できる

投資顧問会社と契約する上での一番のメリットはまさしくこれといえます。

投資対象の分析は、投資をする際に欠かせません。しかし、日々の仕事や家事に追われ、中々思うように投資対象の分析をする時間が取れないという方も多いことでしょう。投資対象の分析どころか、分析する候補銘柄の絞込すらままならない状態にある人が多いのではないでしょうか?

投資顧問会社は、日々膨大な銘柄を監視し、世界情勢や政治・経済の潮流に目を光らせた上で、個別の銘柄を仕事として分析しています。こうしたプロが選び出し、分析をかけた銘柄を助言してもらえることで、投資にかけるあなたの時間は劇的に短縮できることになります。

買い時、売り時の判断

投資の世界で最も難しいのが、この売り時、買い時の判断といえます。

「もっと儲かるんじゃないか?」

そう思って保有し続けているうちに、株価はいつの間にか下がってしまい、利益は雀の涙ほどになってしまう…。こうした経験をお持ちの方も多いかと思います。

その点、プロの分析者は客観的な視点から判断するので、的確な売買タイミングを教えてくれます。

投資・相場に対する勉強になる

投資顧問会社と契約することで、担当者とメールや電話などでやり取りをする機会がぐっと増えるかと思います。

こうした会話を通して、なぜ投資のプロはこの銘柄への投資が良いと判断するのか?なぜ、今買う(売る)のか?などの、プロの視点を学ぶことが出来ます。こうしたプロの視点に身近で
接することによって、投資家としてあなた自身が成長する糧になること間違いないでしょう。

投資顧問契約を結ぶデメリット

今度は逆に、投資顧問契約を結ぶ際のデメリットについて書いていこうと思います。

投資顧問会社を恨んでしまう

先程も申し上げた通り、投資顧問会社も百発百中というわけではありません。時には見立てが外れ、ロスカットしてしまう銘柄が出てくることもあります。

そんな時に、「あの会社のせいで私の大切な資金が…」と、投資顧問会社に恨みを持ってしまうケースが往々にして起こり得ます。しかしながら、こうした考え方は実はナンセンスなのです。

投資顧問会社を規制する金融商品取引法でも定められているのですが、投資顧問会社(投資助言代理業)は、あくまでも顧客に対して売買指示の助言を行うだけで、実際にその銘柄を買う(売る)の判断は、顧客が負うものとされています

投資顧問会社とは、あくまでも投資のアドバイザーという位置付けで付き合っていくことを心がけましょう。

悪質な投資顧問を掴んでしまうリスク

これはどんな商品、業界にも言えることですが、世の中には悪質な投資顧問会社が存在するのも事実です。

そうした投資顧問会社を掴んでしまうと、巧みな言葉に乗せられて契約を行ってしまい、投資の結果も振るわない…そんな状況に陥ります。

こうした投資顧問と契約しないためにも、当サイトの投資顧問の選び方は、必ず目を通すようにして下さい。

このページの先頭へ